履歴書シートをつくりたい!

Pocket

就活、転職に! 自分だけの履歴書シートをつくろう

さあ、就職活動をするぞー!
って、あれ?学歴、職歴、資格、書くことがいっぱい(;゚Д゚)
どこの学校を卒業して、あそこに就職して…。
……。
どうしよう?
全然思い出せない。
そんなことはありませんか?

そんな時、自分だけの記入例みたいなものがあると便利ですよね。
ということで、ここでは自分の履歴書シートのつくりかたについてお伝えします。

学歴を記入しよう

履歴書の氏名や住所、連絡先等については、書く機会も多いので、比較的スムーズに書けますよね。
でも、
どこの学校を卒業したかは覚えているけど、いつ卒業したかは覚えていない。
そんな方は多いと思います。
そこで上の画像のように、いつ、どこを卒業したかを記録しておくと、履歴書を書くとき便利です。

また、現役大学生の方は、所属したゼミや研究室、卒業論文なども一緒に記録しておきましょう。
実際に履歴書に書くことはないかもしれませんが、自己分析や面接のときに役立ちます。

職歴を記入しよう

職歴についても学歴と同様、入社、移動、昇進、退社等を記録しておきます。
ただ、職歴については、学歴よりも詳細に内容を記録しましょう。
経験は宝です。
アルバイトでも、契約社員でも、平社員でも、社会のため、組織のため、だれかの役に立ったことに違いありません。

社内コンクールで入賞。
とか、華々しいものではなくてもいいです。
営業ならば、今月は○○○軒飛込営業にいった。
とか、
事務職ならば、○○件お見積書をつくった。
とか、
そんな些細なことを記録していきましょう。

結果がでるに越したことはありませんが、でなくても大丈夫です。
大小問わず、どんどん挑戦しましょう。
たとえ失敗したとしても、挑戦したことはRPGでいうところの経験値です。
これは、あなたがレベルアップするために必要なことです。
何に挑戦して失敗し、そこから何を学んだかを記録しておくと、それが自身や自己PRの種になります。
また、記録をすることで、自信や達成感につながり、仕事に対するモチベーションも上がっていきます。

スポーツ(部活・サークル)歴を記録しよう

打ち込んでいた(いる)スポーツや、部活、サークルについての記録もおススメです。
「サッカー部でキーパーでした。」
とか、
「自然研究部古生物班で月一回、化石を掘りにいっていました。」
など、
意外と話の種になるものは多いものです。

バスケットボールでインターハイに出場した。
野球部で甲子園に出場した。
そんな輝かしい経験も貴重ですが、
たとえ初戦敗退でも、ベンチ入りすらできなくても、
その場で戦った自分の経験には価値があります。
練習が辛くて途中でやめてしまった。怪我をして引退せざるを得なかった。
そんな苦々しい過去でも、挑戦したという事実は変わりません。
胸を張りましょう。

自己PRの種を記録しよう

就職、あるいは転職を行うさい、自己PRに困った経験、ありませんか?
ひらぐしはといいますと、それはもう困りに困りました。

生まれついてのコミュ障なわけですから、仕事でもアルバイトでも、常にダメダメなわけです。
昇進や昇給とは無縁の存在。
こんな自分が何かPRできることなんて、何もない。

でも、なにか自己PRをしなければ、雇ってもらえない。
でも、それでは食べていけない。
なんとかしなければ…。
そんな状態で受かるはずもないのに、とりあず何かしなければと何社も応募する。
そしてお祈りメールがきて、また自信を失う。
悪循環でした。

しかし、自分の挑戦や、些細な成功を記録していくと、自然と自信がわいてきます。
今日はこれだけやった。明日も挑戦してみよう。そう思うことができるようになります。
自分の履歴書シートづくり、ぜひ読者のみなさんも挑戦してみてください。

ステイタス画面のつくり方に関する他の記事はこちら

自分のステイタス画面を作りたい! | 万年平社員が勇者を目指すブログ (hiragushi.com)

hiragushi
自信がもてないアラサー。ぼっち。 少しでも自分を変えたいとじたばたしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA