BCG攻略 クリプトスペルズ 同レートなのに違う順位?に関して解説

Pocket

同順位が発生し、上限人数を超過しまった場合の決定法にいて

クリプトスペルズでは、最終レート制の大会において、同レートのプレイヤーが複数存在する場合、そのプレイヤーは、同じ順位として扱われます。
たとえば、最終レートの最高値が1750で、AさんとBさんがその値を保持していた場合、順位は次のようになります。

Ranking Name Rate
👑1 プレイヤーA#99999 1750
👑1 プレイヤーB#99998 1750
👑3 プレイヤーC#99997 1749

では、決勝トーナメント進出者32名の公式大会予選のように、上限人数が定まっている場合はどうなるのでしょうか?

たとえば次のような場合、

👑30 プレイヤーW#77777 1531
👑31 プレイヤーX#77778 1530
👑31 プレイヤーY#77779 1530
👑31 プレイヤーZ#77780 1530

決勝トーナメント進出者は、WさんとXさん、Yさんになります。
その理由は、

・レートが同率だった場合、勝率が高いユーザーを上位とする
・勝率も含めて同率の場合、勝利数が多いユーザーを上位とする
・レート、勝率、勝利数が同率の場合、最高レートが高いユーザーを上位とする
・レート、勝率、勝利数、最高レートを含めて同率の場合、イベント開始時から先に1勝していたユーザーを上位とする

と公式が定めており、その規定に沿った順に名前が表示されるからです。したがって、Xさん、Yさん、Zさんは同レートの同順位ですが、人数の絞り込みを行う場合、Xさん、Yさん、Zさんの順に順位が振り分けられることになります。

(。´・ω・)?
ちょっと難しいですよね。
なので、とりあえずは、同一順位だった場合、名前が上位に表示されたプレイヤーに優先権がある、そう考えていただければ大丈夫です。
残り時間1分、予選通過のボーダーギリギリ。どうしよう?
そんな状況に陥ったさいの参考にしていただければと思います。
ではでは。

クリプトスペルズ攻略に関する他の記事はこちら

-BCG攻略 クリプトスペルズ | 万年平社員が勇者を目指すブログ (hiragushi.com)

 

hiragushi
自信がもてないアラサー。ぼっち。 少しでも自分を変えたいとじたばたしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA