資産管理シートをつくりたい!

Pocket

7年で1000万円!お金がどんどん貯まる!資産管理シートをつくろう!

貯金って、大事なのはわかっているんだけど、全然貯まらない(;゚Д゚)
そんな方は多いのではないでしょうか?
ひらぐしも7年前まではそうでした。

そんなひらぐしを変えることができた最終兵器!
それが資産管理シートです。
こちらの記事では、ひらぐし流!資産管理シートのつくりかたについてお伝えします。

資産管理シートに記入する項目 ①借入、未払額

資産管理シートの1番目には、①借入、未払額を記入しましょう。
今後支払わなければならない金額をはじめに書くことが大切です。
奨学金だったり、ローンだったり、キャッシングだったり、今の自分に課せられている金額をきちんと把握しましょう。
最もつらい作業ではありますが、まずはここからです。
そして、まず第一に、これらを無くすことからはじめます。
なぜなら、返済に時間がかかればかかるほど、利息がつき、それが資産形成の足枷となるからです。

資産管理シートに記入する項目 ②預金額

次に記入する項目は、②預金額です。
毎週日曜、あるいは給料日の月1回など、記入する日を決めてこまめに管理しましょう。

資産管理シートに記入する項目 ③個人年金、任意保険、積立など

次に記入する項目は、③個人年金、任意保険、積立など、です。
これらに加入している方は、もし解約してしまうことになった場合の解約払戻金も記入しておきましょう。
数年でも続けられている方は、意外と大きな金額になっているものですよ。
こちらの項目は年1~数回程度の更新で大丈夫です。

資産管理シートに記入する項目 ④不動産、貴金属(金・プラチナ)など

不動産や貴金属等の資産のお持ちの方は、そちらも記入しておきましょう。
こちらの項目も年1~数回程度の更新で大丈夫です。

資産管理シートに記入する項目 ⑤株、投資信託、債券 ⑥暗号資産

⑤株や投資信託、債券、もしくは、⑥暗号資産(ビットコイン、イーサリアムなど)をお持ちの方は、そちらも記入しましょう。
こちらの項目は値動きが激しいので、最低でも週1週間程度はこまめに更新することをおすすめします。

資産管理シートに記入する項目 ⑦総資産額

最後に①から⑥までを合わせた総資産を記入します。
SUMもしくは=セル○+セル○…の数式を使用すると便利です。
自分の資産が一目でわかるようになるので、貯金をすることが楽しくなります。

資産管理シートに記入する項目 ⑧適用社会保障

介護保険や健康保険、国民年金、雇用保険など、給付金が得られる制度についても記録しておくと、いざというときに役立ちます。

資産管理シートに記入する項目 ⑨備考

最後になりますが、備考欄に預金先や保険会社、証券会社に関する情報を記録しておくと、資産の確認や問合せのさいに便利です。
非常に大切な情報になりますので、暗号化するなど、取り扱いには十分に注意してください。

資産管理シートをつくるメリット

資産管理シートをつくるメリット、それは、資産を可視化できることです。
たったそれだけで貯金の習慣をつけることができます。
ダイエットを行うさい、毎日鏡で体形をチェックする、毎日体重計にのる、たったそれだけで成功率が格段に上がることをご存じでしょうか?
資格管理シートには、そんな可視化の効果が含まれています。
嘘だと思った方は、ぜひ数ヵ月間だけでも続けてみてください。
驚くほどお金がたまっていくはずです!

ステイタス画面のつくり方に関する他の記事はこちら

自分のステイタス画面を作りたい! | 万年平社員が勇者を目指すブログ (hiragushi.com)

hiragushi
自信がもてないアラサー。ぼっち。 少しでも自分を変えたいとじたばたしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA