厳正保護の方法により,落雷による山火事に対処する場合,山火事は消火するべきか否か

Pocket

厳正保護とは,「対象とする全ての生態系保護のため,一切の人的影響を排除すべき」という考え方である.自然の力による環境の変化を容認し,生態系を保護することを目的とする.したがって,落雷により自然的に発生した山火事を人為的に消火することはできない.

山火事が発生することにより下草がなくなり,熱による刺激で発芽する植物も存在する.

例として,アメリカのイエローストン国立公園で自然発生的に火災が発生した際,発生当初は厳正保護の考えから消火を見送った事例が挙げられる.

環境に関する他の記事はこちら

-環境に関すること | 万年平社員が勇者を目指すブログ (hiragushi.com)

hiragushi
自信がもてないアラサー。ぼっち。 少しでも自分を変えたいとじたばたしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA